sourire

春のスキンケア
2024.03.01

春のスキンケア

ブログ画像

春は肌のコンディションが変わりやすく、いわゆる“ゆらぎ肌”になりやすい季節です

気候の変化を始め、花粉や紫外線などの外部刺激、さらに心身のストレスなども加わると、皮膚の赤み、かゆみ、かさつきなど、ゆらぎ肌の症状が起こります

春に肌トラブルが起きやすい理由

1.紫外線量が多い

春は夏のような暑さがないため、日差しを浴びるのが気持ち良いと感じることもありますが、実は紫外線量が多く注意が必要です

意外に思えるかもしれませんが、春先の紫外線量は真夏とほとんど変わりません
特に皮膚の奥の真皮にまで到達するといわれているUV-Aについては、4月~8月にかけてあまり量は変わらないことがわかっています

2.花粉

春先は空気が乾燥しているため、皮膚表面の角層部分のうるおいが失われ、皮膚のバリア機能が低下しやすい状態になっています

皮膚のバリア機能がしっかりと機能していれば、トラブルが起こりにくくなります。
しかし、バリア機能が低下した肌は、角層の細胞同士にすき間が生じているため、花粉が肌に侵入しやすい状態になっています

3.摩擦やストレス

一日に何度もティッシュペーパーで鼻をかむと、繊維によって肌を摩擦することから肌荒れが起きやすくなります

また、自律神経も乱れやすい時期にもなり、体調不良が肌の不調を引き起こすことは珍しくなく、心が不安定でも肌はゆらぎやすくなります

水分、油分をバランスよく与えるのはもちろん、肌表面のうるおいバリア機能を整え、環境にゆらがない肌をめざしましょう
浸透しやすい化粧水、美容液をたっぷり使い保護していくだけではなく、セラミド・N M F・プロテオグリカンなど成分がたっぷり深層へ届けることが大事!

さらに浸透するためには、”水”が重要ポイント!

どんなに良い化粧品の成分でも、肌の奥に入っていかなければ効果が薄く勿体無い

当店のシリーズや施術には、水中の不純物を極限まで除去した浸透性・洗浄力が高い”超純水”(水道水の40万倍の純度)を使用していますので、肌の深層までぐんぐん良い成分が入ります

見た目年齢=肌細胞年齢

栄養の点滴と、細胞の種となる成分をしっかりと補充し保護、活性化させることで
本来の肌力を底上げしていくと揺らがないお肌になっていきます!

是非シリーズで春対策しましょう♪

【福岡市西区 エステ】 GRANVIR(グランヴィール)
〒819-0379 福岡県福岡市西区北原2丁目25−4 2F
 電話番号:092-836-5707