sourire

35歳以上になるとお顔は年々大きくなっていく
2024.02.07

35歳以上になるとお顔は年々大きくなっていく

ブログ画像

35歳を過ぎると顔が大きくなりやすい原因と対策についてご紹介します。

1. 女性ホルモンの低下
女性ホルモンの低下は、加齢によってホルモンバランスが変化することで起こります。女性ホルモンにはお肌のハリや弾力を保つ役割がありますので、低下すると顔のたるみやボリュームの減少が起こりやすくなります。

2. お顔の運動不足
普段から表情筋を使わないことによって、顔の筋肉が衰え、顔全体にボリュームを保つ力が低下します。

日常生活で意識的に顔の筋肉を使うことが重要です。顔を動かす表情筋トレーニングや、フェイシャルマッサージを行うことで、顔の筋肉を活性化させることができます。

3. 自律神経
自律神経の乱れは、顔の血流や代謝にも影響を与えます。ストレスや不規則な生活、睡眠不足などが原因となって、顔がむくんだりたるんだりすることがあります。

ストレスの軽減やリラックスできる時間を作ること、睡眠の質を改善することが大切です。また、自律神経を整えるためには、適度な運動や深呼吸などを取り入れることも効果的です。

4. 食生活
食生活の乱れは顔の変化にも関係します。栄養バランスが偏った食事や、飲み物の摂り過ぎなどが原因で、顔のむくみや血行不良が引き起こされることがあります。

バランスの良い食事を心がけ、ビタミンやミネラルを豊富に摂取することが重要です。また、適度な水分摂取も顔のむくみを改善するためには欠かせません。

35歳を過ぎると顔が大きくなる原因は女性ホルモンの低下や顔の運動不足、自律神経の乱れ、食生活の乱れなどが考えられます。

これらの問題に対して、小顔矯正や適切な運動、バランスの良い食事、水分補給などを取り入れることが必要です。毎日の生活習慣を見直し、美しい小顔を目指しましょう。

尚、ご自身のケアだけでは不十分なことがあります。
GRANVIRには国家資格を持った専門家がいますので
ご相談下さいませ。

【福岡市西区 エステ】 GRANVIR(グランヴィール)
〒819-0379 福岡県福岡市西区北原2丁目25−4 2F
 電話番号:092-836-5707